はばたけあひる

適当な雑多ブログです。

死ぬまでにやっとけっていうギャルゲー

以下にピックアップするギャルゲーは死ぬまでにやっといたほうがいいです。

ギャルゲーは絵がキモいから無理だとか、オタクっぽくて無理とかいうやつが多いのですが、

やれば絶対に面白いと思えるはずなので、先入観を捨てて最後までクリアしてみませんか?



車輪の国、向日葵の少女

プレイ時間:28時間

f:id:habatake-ahiru:20170528210227j:plain

日本によく似たとある架空の国の物語である。その国では罪を犯すと懲役に代わり、その罪に応じた「特別な義務」が科せられ、その犯罪者は「特別高等人」という超法規的存在によって更生指導される。主人公・森田賢一はその特別高等人を目指す候補生である。最終試験の課題として、田舎町にいる3人の少女を更生するよう指示される。
全5章からなる構成であり、シナリオは「社会」「人間」をテーマに描かれている。

毎日遊んでいるようなヤツほど、実はプライドが高くて、そのくせ、将来でかいことしてやろうとか思ってるもんだよ


人は、すぐに忘れる。自分の損得に関係のない話を覚えようとしない。
ならば、話を忘れると損をするということを教えなければならない。
そうして、社会に罰則というものができた


そこをどけ、豚ども!私はこれから....

  • ラストの主人公。主人公に泣かされたのは数えるほどしかありませんので印象深いです
  • 「車輪はやっとけ」と言われるのも納得。ここ一番の盛り上げ方が素晴らしかったです。
  • 叙述トリックが見事。世界観も面白い。
  • 名作、と呼ばれるだけある。

マブラヴ オルタネイティヴ

プレイ時間:40時間

f:id:habatake-ahiru:20170528212135j:plain

そして3年後、目覚めるとそこは自宅だった。「元の世界」に戻れたと浮かれていた武だったが、家の外には3年前に見た光景が広がっていた。カレンダーはあの日と同じ2001年10月22日。武はタイムスリップしただけだったことに落胆していたが、未来を知っている唯一の人間として「オルタネイティヴIV」を完遂させ人類を勝利へと導くべく、国連軍横浜基地の門戸を叩く事を決意した。再び207部隊に編入した武は、3年間の従軍経験と未来の記憶、人並みならぬ覚悟だけでたった一人、戦いに臨む。
残された時間はあと2ヶ月。果たして武は未来を変える事ができるのか。そして人類はBETAに勝利することができるのか―――。

『宇宙人が攻めてくれば人類は一丸になって戦う』って言ってた人がいたけど、それはおめでたい妄想だったのよ


いけないな・・・・・・聞けば必ず答えが返ってくるとでも思っているのかね?


人類をッ・・・・・・・・・なめるな・・・・・・ッ

  • 燃えゲーであり、心に残る作品。
  • マブラヴは多くの方にやってほしい。
  • むちゃくちゃに熱い 音量MAX推奨
  • シナリオが歴代トップクラスです。
  • 最後のマブラヴがかかるシーンで「あれ?この曲こんなに良かったっけ?」

「マブラヴ」の続編ですので無印からやってください。


Steins;Gate

プレイ時間:30時間

f:id:habatake-ahiru:20170528215311j:plain

2010年7月28日、岡部は椎名と共に向かった講義会場で、わずか17歳の天才少女、牧瀬紅莉栖と出会う。ところが、ラジ館の8階奥で、血溜まりの中に倒れている紅莉栖を目撃した岡部は、そのことを橋田へ携帯メールで報告する。その直後、眩暈に襲われた岡部が我に返ると、ラジ館屋上には人工衛星らしきものが墜落しており、周辺は警察によって封鎖されていた。先ほど送信したはずのメールは、なぜか1週間前の日付で受信されており、周囲が話すここ最近の出来事と岡部の記憶の間には、齟齬が起こっていた。

エル、プサイ、コンガリィ

  • 最初から最後まで素晴らしい
  • 最初はどうかと思ったけど、最後はかっこいい奴だ
  • 厨二病でここまでかっこいい奴初めて見た
  • 科学的見地からタイムマシン論に向き合っていて、知的好奇心を満たせる作りになっていますね
  • アタマをリセットしてもう一度遊びたい。だが、それは無理だ。まさか、それはシュタインズ・ゲートの選択肢か?エル、プサイ、コングルゥ


※このゲームをやるときはくれぐれもネタバレには注意してください!!

Ever17 -the out of infinity- Premium Edition

プレイ時間:30時間

f:id:habatake-ahiru:20170528220015j:plain

様々な人々が祝日の予定に思いを巡らせる中で、必ず口端に登る施設があった。海洋テーマパーク、《LeMU(レミュウ)》。かつて存在したかも知れぬと夢見られる「レムリア大陸」の名を冠したその施設は、遊園地を丸ごと海の中に沈めるという斬新なテーマパークであった。海中をゴンドラで泳ぎ、視界を覆いつくすほどの魚を見上げながら散歩する。それはまさに現代によみがえった夢の大陸であった。そのLeMUに時同じくして足を運んだ、1人の青年と1人の少年がいた。珍しい観光施設を、しかしろくに楽しめないまま2人の時間は慌しく過ぎ去っていく。
突如、楽しげな歓声を切り裂くようにして耳を劈くような緊急避難警報が響き渡る。折り悪く、施設から逃げそこなった1人の青年と1人の少年。視界には誰も居らず、静まり返るテーマパークに不気味な咆哮が響き渡る。怒涛のごとく襲い掛かる鉄砲水。浸水を防ぐため自分たちごと閉じ込めようとする防水隔壁。何とか一命をとりとめ脱出経路を探すうちに、同じ境遇にある生存者たちを発見する。閉じ込められた生存者は、6人。


生きているだけじゃ……生きているとは言えないのよ!

  • 多分これを超えるゲームは出ない
  • オールクリアしないと意味がない
  • 作品全体を覆うトリックが素晴らしい
  • 神ゲー。今までの人生で体験した全てのジャンルのエンターテイメント(ドラマ、小説、漫画、映画、ゲームなど)で文句なしのNo.1の作品

※このゲームをやるときはくれぐれもネタバレには注意してください!!

CROSS†CHANNEL

プレイ時間:25時間

f:id:habatake-ahiru:20170528221005j:plain

友情は見返りを―――求めない
主人公の黒須太一は、群青学院の放送部に所属し、そこで得た仲間たちとの楽しい時を送っていた。しかし、ともに時間を過ごす中、それぞれ心に歪みを抱えたメンバーたちの間には亀裂が生まれ、あるときを境にそれは決定的な破綻となり、「放送部」は断絶してしまう。
太一が起死回生を賭けて臨んだ合宿も失敗に終わり、心中がバラバラの状態で街に帰還する放送部メンバー。しかし、そんな彼らを迎えたのは、生物の存在が消え、常軌を逸して静かになった街だった。

おまえ様は、いつか終わりがあるからって、今生きることを放棄すんのか?
消えるんだっていーじゃん。消えるまで生きれば?楽しいことはいくらだってあるって。


見返りを求めない。それだけのことだよ。見返りを求めた瞬間、それは取り引きになると思うんだ。


ではまた来週

  • あまりの重い感動に半年間引きずりました。
  • 今までで一番面白かった。感動をありがとう
  • 世界観にまず舌を巻く。そしてヒロインの気高さ、友情の熱さ、愛憎の行く末をたっぷりと味わった後に、最高のフィナーレが待っている。読後のカタルシス感が半端ないので、万が一にでも積んでいるならクリアすべき逸品。
  • 生き様に感動。最高でした!

まとめ

全部面白いので気になったものがあれば是非やってみてください!

下手な小説とかよりは確実に面白いですよ!

他にも色々あげたい作品はあるんですが、ジャンル毎に記事分けようか悩み中。